2011 in review

WordPress.com 統計チームは、2011年のあなたのブログの年間まとめレポートを用意しました。

概要はこちらです。

The concert hall at the Sydney Opera House holds 2,700 people. This blog was viewed about 23,000 times in 2011. If it were a concert at Sydney Opera House, it would take about 9 sold-out performances for that many people to see it.

レポートをすべて見るにはクリックしてください。

[blog] あの時、福島のある町で起こっていた、25人の真実

「防御服の男」が一時話題になりましたよね。福島県、浪江町の津島地区で起こった、津波と原発事故直後の様子です。ウィンザー通信に載っていたのでリンクです。

あの時、福島のある町で起こっていた、25人の真実

乾シイタケ350Bq、横浜市が給食

横浜市の給食食材の事前検査で
まいたけ(新潟県南魚沼産/セシウム134+137=12.2Bqでそのまま使用)に続き、
乾シイタケ(九州産・産地は調査中)からセシウムを検出。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20111014/CK2011101402000040.html

横浜市教育委員会では当面の間、乾しいたけの使用を見あわせる。

原木シイタケからは多くの都道府県でセシウムが検出されています。
「AERA」の記事によると
原木シイタケに使う原木、菌生栽培用のおが粉が
汚染地域から全国に流通している可能性があるとのこと。

西日本の土壌調査

「放射能防御プロジェクト」内に
西日本の土壌調査が追加されています。

http://www.radiationdefense.jp/investigation/west-part1

岐阜から南西は
今のところ大丈夫そう・・・。
各自ご確認を!

[食品]在日フランス人向け公報

save♡childさんの記事の、 【食品】在日フランス人向け公報・IRSN「食品の汚染に注意」(9月22日発表) が参考になります。

フランスねこさんがフランス放射線防護原子力安全研究(IRSN)が9月22日に日本在住のフランス人向けに発表した「福島第一原発事故に関する公報(7)」を翻訳してくださっていましたので転載させて頂きます。

日本政府はこういうのを出してない(?)ということもありますが、日本政府が言うより、他国の言うことの方が信じられるのは何故でしょうか。

[毎日新聞]甲状腺機能:福島の子供10人に変化

毎日新聞によると、

長野県松本市のNPO法人「日本チェルノブイリ連帯基金」(鎌田実理事長)と信州大医学部付属病院が、東京電力福島第1原発事故後に県内へ避難した福島県の子どもを検診し、130人中10人で、甲状腺ホルモンが基準値を下回るなど甲状腺機能に変化があったことが4日分かった。健康状態に問題はなく原発事故との関連は不明といい、NPOは「参考データがなく、長期の経過観察が必要だ」と話している。

詳細はこちらを → 甲状腺機能:福島の子供10人に変化 NPO検診

元々日本人は甲状腺機能障害の割合が他の国に比べて非常に高いと言われています。上記記事を正確に理解するためには、3月11日以前の状態では何%の子どもが甲状腺機能に変化があるのか知りたいと思ったわけですが、こういう記事にはだいたい、そういう比較が載ってないのは何故でしょうか。

甲状腺機能異常の報道について放射線科医の見解というのとあわせて読むのもいいかも知れません。が、真実を知るには、反対意見も読んでみたいところです。

[togetter] 福島県の子育てママが、科学者に質問し自分でデータを調べたら何かが変わったぞ!

今、何を信じて何を疑えばいいのかもわからない時代に突入しています。何を信じるか、どう行動するかも、個人にゆだねられています。何がいい悪いではなく、様々な情報を検証し自分が納得できるといいですね。(データの見せ方ってどうにでもなるので。嘘じゃないけど事実でもないなんてこともたくさんあるし。)

福島県の子育てママが、科学者に質問し自分でデータを調べたら何かが変わったぞ!

今話題のリンクですが、昨日作成されて、1日で43470 viewですのですごいです。内容に関係ないけど、これは、タイトルの付け方が秀逸ですね ;D (秀逸つぅか挑戦的???ともとれる?) 信じる信じないは自己責任でお願いします。