カテゴリー別アーカイブ: 食品情報

乾シイタケ350Bq、横浜市が給食

横浜市の給食食材の事前検査で
まいたけ(新潟県南魚沼産/セシウム134+137=12.2Bqでそのまま使用)に続き、
乾シイタケ(九州産・産地は調査中)からセシウムを検出。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20111014/CK2011101402000040.html

横浜市教育委員会では当面の間、乾しいたけの使用を見あわせる。

原木シイタケからは多くの都道府県でセシウムが検出されています。
「AERA」の記事によると
原木シイタケに使う原木、菌生栽培用のおが粉が
汚染地域から全国に流通している可能性があるとのこと。

広告

西日本の土壌調査

「放射能防御プロジェクト」内に
西日本の土壌調査が追加されています。

http://www.radiationdefense.jp/investigation/west-part1

岐阜から南西は
今のところ大丈夫そう・・・。
各自ご確認を!

[食品]在日フランス人向け公報

save♡childさんの記事の、 【食品】在日フランス人向け公報・IRSN「食品の汚染に注意」(9月22日発表) が参考になります。

フランスねこさんがフランス放射線防護原子力安全研究(IRSN)が9月22日に日本在住のフランス人向けに発表した「福島第一原発事故に関する公報(7)」を翻訳してくださっていましたので転載させて頂きます。

日本政府はこういうのを出してない(?)ということもありますが、日本政府が言うより、他国の言うことの方が信じられるのは何故でしょうか。

放射能を身体の中から排出されやすい食べもの関係

「チェルノブイリへのかけはし」から
放射能を身体の中から排出されやすい食べもの関係http://www.kakehashi.or.jp/?p=2267
 
5:牛乳や卵などの動物の身体の次世代にかかわるものは、放射能が濃縮されるので、絶対に食べない。

とあり・・・ため息。
各所との交渉、がんばります。
とはいえ、卵や牛乳がだめだと、単品は避けられるとしても
保育園で出る卵や牛乳を使った食品はどうしたらいいのか?
すなわち、弁当を作るという決断に至るのでしょうか?

そして、とったほうがいい食品もいつまで安全なのかが謎です。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバを契約しました。今は1ヶ月程度の待ちです。どのメーカーにするかは非常に悩んだのですが、RO水(逆浸透膜)を用いているメーカーにしました。

これは、平成23年4月6日(水)の放射線医学総合研究所の水道水中のヨウ素-131の除去について の記事に、

RO水(逆浸透膜)以外では、ほとんど、あるいは限定的な除去効果(注2)しか期待できないことが分かりました。

とあるからで、とりあえず、RO水なら効果はあるのか?と思ったからです。一応、どのメーカーも放射線測定はしており、NDではあります。

食品の放射能検査データの閲覧について

食品の放射能検査について
これまでコチラを利用していましたが、

最近コチラを見つけました。
食品の放射能検査データの閲覧について
食品ごと、県ごとに見やすく作られています。

こうしたサイトを作っている皆様には本当に感謝です。

[厚生労働省]全国食品検査状況

厚生労働省の食品中の放射性物質検査状況を見ると、自分の都道府県、市町村が、食品検査を行っているか一目瞭然です。

これは、見やすい!!!が、肝心な調査結果の方はエクセルダウンロードで見にくいです。量があるので仕方ないことなのかしら。