カテゴリー別アーカイブ: 内部被曝

乾シイタケ350Bq、横浜市が給食

横浜市の給食食材の事前検査で
まいたけ(新潟県南魚沼産/セシウム134+137=12.2Bqでそのまま使用)に続き、
乾シイタケ(九州産・産地は調査中)からセシウムを検出。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20111014/CK2011101402000040.html

横浜市教育委員会では当面の間、乾しいたけの使用を見あわせる。

原木シイタケからは多くの都道府県でセシウムが検出されています。
「AERA」の記事によると
原木シイタケに使う原木、菌生栽培用のおが粉が
汚染地域から全国に流通している可能性があるとのこと。

広告

西日本の土壌調査

「放射能防御プロジェクト」内に
西日本の土壌調査が追加されています。

http://www.radiationdefense.jp/investigation/west-part1

岐阜から南西は
今のところ大丈夫そう・・・。
各自ご確認を!

放射線の影響をビジュアルで

獣医学生yocakiさんによるブログ「放射線の研究」。

「○○ベクレルのものを食べ続けるとどうなるか?」など
放射性物質が人体に与える影響を
グラフを使って、目に見える形であらわしてくれています。

東大アイソトープ総合センター長児玉龍彦氏

http://www.nicovideo.jp/watch/sm15140556

必見です。もう、言葉もありません

守田さんが文字におこしてくれました。
明日に向けて(208)放射線の健康への影響について(児玉龍彦教授国会発言)

毎日新聞へのコメントも紹介してありました。

測定と除染を急げ/児玉龍彦東大教授に聞く
http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000001107010005

【ブログ】戸田市に住むと楽しいな

自分の住んでいるそばの戸田市が
積極的な対応をしているのでいろいろ検索していたら見つけました。

戸田市に住むと楽しいな

水道、風向き、放射線量など、気になる情報が
トップ画面に貼付けられています。

素晴らしい。特に埼玉県在住の方におすすめです。

放射能を身体の中から排出されやすい食べもの関係

「チェルノブイリへのかけはし」から
放射能を身体の中から排出されやすい食べもの関係http://www.kakehashi.or.jp/?p=2267
 
5:牛乳や卵などの動物の身体の次世代にかかわるものは、放射能が濃縮されるので、絶対に食べない。

とあり・・・ため息。
各所との交渉、がんばります。
とはいえ、卵や牛乳がだめだと、単品は避けられるとしても
保育園で出る卵や牛乳を使った食品はどうしたらいいのか?
すなわち、弁当を作るという決断に至るのでしょうか?

そして、とったほうがいい食品もいつまで安全なのかが謎です。

ウォーターサーバー

ウォーターサーバを契約しました。今は1ヶ月程度の待ちです。どのメーカーにするかは非常に悩んだのですが、RO水(逆浸透膜)を用いているメーカーにしました。

これは、平成23年4月6日(水)の放射線医学総合研究所の水道水中のヨウ素-131の除去について の記事に、

RO水(逆浸透膜)以外では、ほとんど、あるいは限定的な除去効果(注2)しか期待できないことが分かりました。

とあるからで、とりあえず、RO水なら効果はあるのか?と思ったからです。一応、どのメーカーも放射線測定はしており、NDではあります。