[福島]福島市の子供たちの尿からセシウム検出

以下は、国際環境NGOグリーンピースの記事です。共同プレスリリースです。

子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、国際環境NGO FoE Japan、グリーン・アクション、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)、国際環境NGOグリーンピース・ジャパンの6団体は6月30日、「福島の子どもたちの尿検査結果について」会見し、検査の結果、福島市に在住の子供たちの尿からセシウムが検出されたことを発表しました。

調査結果詳細は、GREENPEACEの記事2011/6/30 <共同プレスリリース>「福島市の子供たちの尿からセシウム検出」か、フクロウの会の記事 【112】福島市の子どもたちの尿からセシウム検出-10人中10人にをお読み下さい。

検査結果と、児童の行動状況を照らし合わせてみると以下のことは言えると思います。

  • 23日まで福島市にいただけで既に内部被曝している
  • 屋外に長くいた方が検出量は多い
  • マスクに劇的な効果は期待できなさそう。マスクにもよりますが

福島市は避難区域に入っていません。この結果は、かなりまずい事態なのではないでしょうか。政府の今後の対応が期待されます。福島と首都圏を同等に見ることはできませんが、首都圏の児童も安心のためにも検査してみた方がいいと思います。毎日2時間ほど外で遊んでいる幼児なんて特に。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中