[川口市] 放射線への対応状況

川口市が、市独自の放射線基準を設けたことを公式発表しました。詳細は、川口市の放射線への対応状況についてお知らせしますです。

以下、抜粋になります。

~川口市では、独自の放射線量の年間換算数値の基準を、
1.64ミリシーベルトとしました。~

(1) 基準とする数値「年間1.64ミリシーベルト」について
  国際放射線防護委員会(ICRP)は、自然放射線と医療被曝を除く放射線量を、年間1ミリシーベルトとしています。
  また、自然界の大地から放出される放射線量は、日本の平均で、年間0.34ミリシーベルトとされています。
  これに加え、宇宙から地上に降り注ぐ放射線量は、日本の平均で、年間0.30ミリシーベルトとされています。
  この、自然界以外の放射線管理基準に、自然界の大気に存在する放射線量を加え、年間1.64ミリシーベルトを基準としました。

基準値の根拠、計算方法、基準値を越えた時の対応などもあり、今までの国や他の団体に比べるとかなり信頼できそうな感じです。他の市も続いてくれることを願っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中