デマとモンペと政治

あまり更新しなくてごめんなさい。仕事も忙しかったのですが、某さい○ま市議が、放射線測定を陳情しただけの人を「モンペ」扱いしたのを目の当たりにし、やる気が失せたのも事実です。私が言われたわけではありませんが。。。(今は都合の悪いツイートは全て削除されていて見る事ができません)

幼稚園・保育園・小学校などに放射線測定を要請することはモンペなのか、給食に利用されている食材の産地を確認することがモンペなのか。。。情報を集め公開することもモンペなのか???何をするとモンペ?モンペってなに?

でも、よく考えたらモンペと思われようが関係ないですね。少なくとも、私は自分の子供達だけは、同じ保育園の子供達だけは、知っている子供達だけは、10年たっても20年たっても元気に楽しく過ごしていて欲しいと思っています。多分、皆も一緒。「自分の子供達だけは」を広げて、「日本中、世界中の子供達」につなげていけるためにも、情報収集・公開をしていきたいと思います。

さて、話は変わりますが、一時期堂々と「デマ」情報扱いされていた「ホットスポット」が、今では放射線測定もされて「事実」へと変わりました。これも多くの人々が動いたからわかった事実ですよね。

@euporia あどけないカルアミルク
柏、松戸、流山、三郷にホットスポット説を読売新聞が「ネットのデマ」と一蹴。迷惑メールとして通報を促している記事。 twitpic.com/4ya91s #genpatsu

5月16日の読売新聞の記事はここで見ることができます。)

このサイトは1日300〜500くらいの閲覧数があります。皆さんの興味や希望をコメント欄でお知らせ頂ければ嬉しいです。よろしくお願い致します。

広告

デマとモンペと政治」への2件のフィードバック

  1. いつもこのブログを読んでいます。情報ありがとうございます!

    ICRPの勧告では、
    http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/housha/81009.htm#05
    >公衆の被ばくに関する実効線量限度は、1年について1mSvとするが、
    >特殊な状況においては、5年間にわたる平均が年当たり1mSvを超えなければ、
    >単一年にこれよりも高い実効線量が許されることもあり得るとしている。

    とあって、今のまま収束していくなら今年の線量が年間1mSvを超えても(たぶん東京でも超えると思われる・・)5年平均で見たら大丈夫だと思うのだけれども、汚染水・汚染物質などがあふれてきている上に工程表が不確実な今、ちょっとでも子供の内部被爆をなくそうとか、遊び場の安全を確かめようと思うのは、モンペなのかしら・・。

    国は被災地や福島の収束に注力するべきだしそれ以外の地域はおざなりになるからこそ、自治体や県市議の出番だという事を、もっと自覚して欲しい。

  2. コメントと情報ありがとうございます。ICRPの勧告ってそんなとこにあったんですね。^^;;

    線量の平均、上限、規制などは、やはり「測定すること」が前提にならねばならないし,
    測定しないと意味がないと思います。国や都道府県は率先して測定していかないと疑心暗鬼で何も食べられない世界になってしまいますよね。福島県ですら、測定もせずに、米の作付けにOKを出していると聞いて倒れそうになっています。

    国や都道府県に自覚して貰うためにも、モンペと言われようが、私達が団結して声をあげる必要があるのではないかと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中