放射線被曝の例

Wikipedia シーベルトより放射線被曝の例 を関係のありそうなところだけ抜粋しました。

年間被曝量の例と1回あたりの被曝量の例を示す。

実効線量 (mSv) 内訳
0.05 原子力発電所の事業所境界での1年間の線量。
0.1 – 0.3 1回の胸部X線撮影
0.2 東京とニューヨーク間を航空機で1往復 (高度での宇宙線増加)。
1.0 一般公衆が1年間にさらされてよい人工放射線の限度 (ICRPの勧告)。
1.2 1日1.5箱のタバコを吸う喫煙者と同居する人が、副流煙から受ける年間の線量
1.5 1年間に自然環境から1人が受ける放射線の日本平均。
2.0 放射線業務従事者 (妊娠中の女子に限る) が妊娠を知ったときから出産までにさらされてよい腹部表面の放射線の限度。
2.4 1年間に自然環境から1人が受ける自然放射線の世界平均 (宇宙0.4、大地0.5、ラドン1.2、食物0.3の合計)。
4 1回の胃のX線撮影 (2011年3月19日以前のバージョンでは「胃のX集団検診 – 0.6 mSv/回」という説もある)。
5 放射線業務従事者のうち妊娠可能な女子が法定の3か月間にさらされてよい放射線の限度[参考 6]。
6.9 1回のCTスキャン
7 – 20 X線CTによる撮像。
10 日本国原子力安全委員会の指針での一般人の「屋内退避」ブラジル・ガラパリで1年間に自然環境から1人が受ける自然放射線。
13 – 60 1日1.5箱のタバコを吸う喫煙者の年間の線量 (タバコの葉に含まれるラジウム226鉛210ポロニウム210等からの放射線)。
  • 放射線の人体に対する影響は、被曝した体の部分などにより異なる。上記の表ではX線撮影X線CTおよび注記されているもの以外は全身に対するものである。
  • 放射線の線量限度には、自然放射線被曝と自己の診療に関わる医療被曝は含まれない。
  • なお、一度に大きな線量を被曝した場合の線量単位にはシーベルトではなくグレイが用いられるが、X線ガンマ線による被曝に関しては数値に違いがない。
  • 自然放射線」および「環境放射線」も参照
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中